イントラレーシックをよく理解できるサイト

当サイト(イントラレーシックまるわかり)について

このエントリーをはてなブックマークに追加
当サイトでは、イントラレーシックについての理解を深めるために役立つ情報を掲載しています。従来のレーシックの進化系として注目されているイントラレーシックですが、他の術式(従来のレーシックやエピレーシックなど)との違いやメリット、デメリットについては、あまりよく知られていません。現在、イントラレーシックによる施術を検討している方は、イントラレーシックをよく理解することから始めていきましょう。

イントラレーシックとは?


イントラレーシックを簡単な言葉で表現するなら「コンピュータ制御されたレーザーで行われるレーシック手術」が相応しいと言えます。従来のレーシックでは、マイクロケラトームと呼ばれる電気メスを利用してフラップを作成していたため、角膜の厚みが足りない方や強度近視の方のように角膜を厚く削る必要がある場合は、施術を受けることができませんでした。しかし、イントラレーシックの登場で、ミクロン単位でのフラップの作成が可能になり、強度近視や乱視、角膜の厚みが足りない方でも施術を受けることができるようになったのです。また、必要以上に角膜を削る必要がなくなったため、ドライアイやハロ・グレア現象などのレーシック特有の一過性の合併症も非常に少なくなったと言えます。

イントラレーシックの費用とは?


イントラレーシックの費用は、クリニックによりかなりバラツキがあります。安いクリニックで15万円程度、高いクリニックでは50万円程度の費用が必要になります。一言でイントラレーシックといっても、利用する機器は異なります。やはり最新型の機種を導入しているクリニックでは、費用が高くなる傾向にあります。また、一般眼科や大学病院でイントラレーシックを受ける場合は、大手レーシック専門医院よりも費用は高くなります。特に大学病医院に関しては、同じ機種で施術を受けた場合で、大手レーシック専門医院よりも1.5倍〜2倍程度の料金差が見られます。

イントラレーシックの失敗例とは?


イントラレーシックは、これまで100万件以上の症例がありますが、問題となるような失敗例は一件も報告されていません。イントラレーシックは、コンピュータ管理の元で行われる非常に安全性の高い施術です。そのため、失明や日常生活に支障をきたすような過矯正になることは、まずないと考えてもいいでしょう。もちろん、レーシック特有の一過性の合併症であるドライアイやハロ・グレア現象を発症する可能性は、イントラレーシックといえどもゼロではありません。ただ、これらの合併症は一過性の症状のため、時間の経過とともに解消されることがほとんです(万が一、ドライアイやハロ・グレア現象を発症しても3ヵ月程度で自然と解消されます)。

PS.レーシック全般の気になるあれこれについては、以下のサイトをご覧ください。

レーシックまるわかり
このエントリーをはてなブックマークに追加